熊本県立済々黌高校の4万人を越える同窓生のためのホームページです。

第2回 藤田八郎先生

藤田八郎先生 在校歴:昭和21年~昭和57年 担当教科:体育

紹介者からのコメント・昭和35卒 島村寿克

 名物先生は誰ですかと聞かれたので、それはジープさんこと藤田先生と言ったら、それでは一筆と言われてペンを取る事になりました。
 先生はもちろん高校の時の体育の先生ですが、その当時の想い出はほとんどありません。体育の授業は遊びみたいなもので、先生は楽でいいなあという印象しか残っていません。しかし、あれから44年たちましたが、私達は先生と生徒の繋がりが続いております。3月5日の同窓会をはじめ、ゴルフコンペ等にもほとんど参加して頂いております。そして先生の若い事、先日の激励コンペ(千葉に転居なさるので送別の意味を兼ねて開催)の時でもキャディさんから同級生ですかといわれる程の若々しい姿でした。その若さを保つ秘訣が先生の哲学『集団欲』にあるのです。教え子の同窓会とかハンドボール、ゴルフコンペ等に参加することで自分自身を活性化し、若い人達とふれ合うことで若さを保つ、その欲が先生の素なのです。わたしも還暦を過ぎ、出不精になりがちですが、『集団欲』を持って積極的に集合には参加したいと思っております。ハンドボールのジープさんで有名ですが、私にとってはゴルフ姿の先生が大好きです。
 去年の11月に千葉に転居なされましたが、今年の我々の同窓会には帰熊なさるものと信じております。未だ書き足りませんが再会を楽しみにしましてこのコーナーを終わります。

藤田八郎先生からのコメント

在職当時の藤田先生

 人生の約半分にわたる36年を濟々黌と共に歩んでまいりました。学校の授業をはじめ、ハンドボール、バスケットボール、空手、野球部の顧問として接した済々多士が、現在、各方面で大活躍の姿を見るにつけ、大変嬉しく思っています。また、人との出会いの積み重ねにより、今の自分があるのだと、しみじみ感じ、感謝の念で一杯です。
 昨年11月、永年住み慣れた熊本を離れ、千葉県野田市で、4人の孫たちと賑やかに暮らしはじめました。天気の良い日には、健康維持のため、江戸川の土手を1時間ほど散歩しています。爽やかな空気と豊かな緑、はじけとぶ孫に囲まれ、少々若返った気がします。
ジープは、これからも元気に走り続けます。

済々黌同窓会事務局 TEL 096-345-3002 >>同窓会事務局 >>サイトマップ


《スポンサーサイト》
同窓会を応援して頂いている企業・団体のホームページです。是非ご覧ください。

PAGETOP
Copyright © 済々黌同窓会公式ホームページ. all rights reserved.